総入れ歯の方へ

上下同時印象法による精密入れ歯

精密入れ歯

総入れ歯をお考えの方、総入れ歯が合わずにお困りの方にお薦めしたいのが上下同時印象法による精密入れ歯です。生体機能補綴システムといいまして、このシステムでは、医師が患者様の口を動かすのではなく患者様ご自身で口を動かしながら型を取ります。

このようにして生体が機能した時の状態を精密に型取ることによって、しゃべりやすい、疲れにくい、安定して噛めて、痛くない義歯を作ることが可能になるのです。高品質な材料を用いて歯や歯ぐきの「色」や「形」まで自然に表現することができます。

今迄の入れ歯では考慮に入れられなかった患者様おひとりおひとりの口腔内の形態が入れ歯に反映され、従来とはまったく違ったフィット感が得られるのです。

まさにオーダーメードだからできる満足のいく入れ歯です。
機能性、快適性、審美性、耐久性、健康面においてもっとも優れた義歯といえるでしょう。

当院ではプレミアムデンチャー、BPSデンチャーという2種類の上下同時印象法の義歯を作製しております。

歯ぐきの沈みこみまで計算に入れた上下均等加圧印象法で作られる精密総義歯の特徴

総入れ歯をお考えの方、総入れ歯が合わずにお困りの方にお薦めしたいのが上下均等加圧印象法による精密入れ歯です。
歯ぐきは場所によって厚みが異なり、ものを食べるときに被圧変位量が異なることが入れ歯が安定しない原因となっております。

上下均等加圧印象法で作製する義歯は歯ぐきの沈み込みを計算して、歯ぐきの下の骨の型を取ります。
このため、今迄の入れ歯では再現が難しかった患者様おひとりおひとりの歯ぐきの下の骨の形態が入れ歯 に反映され、従来とはまったく違ったフィット感が得られるのです。

当院ではプレミアムデンチャーという上下均等加圧印象法の義歯を作製しております。

BPS精密入れ歯

当院院長の江夏は鹿児島県では初めて、BPS精密入れ歯の国際認定歯科医の資格を取得いたしました。BPS精密入れ歯とは、世界的な歯科関連企業 「イボクラールビバデント社」が
開発した精密入れ歯の技法

世界標準になりつつあるヨーロッパの最新技術です。

同じく国際認定を受けた専門技工士立会いの下、お口を自然に閉じた状態で型取りをするので、実際のお口の中の状態を忠実に再現することができ、機能性、快適性、審美性、耐久性、健康面においてもっとも優れた義歯を作ることができる技法です。

「プレミアムデンチャーとは」

プレミアムデンチャーとは世界中の入れ歯を研究している院長の江夏が提供する究極の総義歯です。常に義歯の最先端の技術や情報をアップデートし、総合歯科医として経験を積んだドクターと、日本で3本の指に入る技工士が知識と技術の粋を結集した世界中の総義歯の最高峰といえる入れ歯です。以前歯があった頃の感覚が蘇るような、機能性、快適性、審美性、耐久性、健康面においてもっとも優れた義歯です。総義歯の中では最も自信を持ってお勧めする入れ歯です。

プレミアムデンチャー作製の流れ

  • 患者様専用の(オーダーメイドの)精密義歯型取り用のトレーを作成するために義歯専用のアルジネート印象材で概形印象採得を行います。
    プレミアムデンチャー作製の流れ1
  • プレミアムデンチャー専門の歯科技工士立会いの下、患者様専用のトレーとイソコンパウンドを用いて、患者さんが食べたりしゃべったりする際の筋肉の動きの型を採り(筋形成)、シリコン印象材を用い最終印象を行います。
    プレミアムデンチャー作製の流れ2
  • プレミアムデンチャー専門の歯科技工士立会いの下、オーダーメイドの咬合床を用いて咬合採得を行います。
    プレミアムデンチャー作製の流れ3
  • 義歯の正しい咬合平面を記録するためにフェイスボウレコードを行い、プロアーチの咬合器にフェイスボウトランスファーを行います。
    プレミアムデンチャー作製の流れ4
  • ゴシックアーチトレーシングを行い、患者さんの顎の動きと、顎関節の動きを咬合器に記録し、義歯に患者さんの理想的な噛みあわせを再現していきます。
    プレミアムデンチャー作製の流れ5
  • プレミアムデンチャー専門の歯科技工士立会いの下、プレミアムデンチャーの試適を行い、審美性、快適性、機能面のチェックを行います。
    プレミアムデンチャー作製の流れ6
  • プレミアムデンチャー専門の歯科技工士立会いの下、プレミアムデンチャーを完成し、装着いたします。
    プレミアムデンチャー作製の流れ7

「BPSデンチャーとプレミアムデンチャーの違い」

BPS総義歯では最初の参考模型(スタディーモデル)をつくる際にアルジネート印象材で上下のあごの型を同時に取る方法です。
それに対して、当院のプレミアムデンチャーは、最終段階の 精密な型取りの際に特殊なシリコン印象材を用いて上下同時に取る方法です。非常に合理的であり、テクニカルエラーが少ないのが特長です。BPS総義歯をさらに改良進化したものです。世界中の総入れ歯の中で最も落ちない、ずれない、 よくしゃべれて、よく噛める総入れ歯です。

「総入れ歯なら断然プレミアムデンチャー!!」

総入れ歯をお考えの方、今まで入れ歯を何度作り直しても合わなかった方。合わなくて何度も作り直して無駄な時間とお金を使うより、
初期費用は掛かりますが、総入れ歯にするなら断然プレミアムデンチャーをお勧めいたします!!

プレミアムデンチャーには以下のようなメリットがあります。

  • とにかくよく噛めるので、食べれるものを食べるのではなく、自分が食べたいもの、大好きなものを食べることができる
  • 使用中義歯が安定しているので、人と会話をしたり、人前でしゃべる時も見た目を気にせず、気持ち良くしゃべることができる
  • 理想的なかみ合わせや高さで作製するため、口元に張りが出て、ほうれい線やシワが伸びて、見た目で10歳近く若返る
  • 口元がきれいになると自分に自信が持てるようになり、笑顔に溢れ、人生を前向きに生きることができる
  • しっかり食べれることで胃腸に負担をかけず、寝たきりを予防し、健康寿命を延ばすできる
  • 片あごをすべてインプラントにしたとしたら、大変な外科手術とリスクを伴ったうえで、片あごだけで300万円から800万円の費用がかかってしまいますが、プレミアムデンチャーなら片あごでの費用は100万円~となっております。

プレミアムデンチャーで人生の楽しみをもう一度取り戻しませんか?

精密義歯オプション 1.コバルトクロム金属床

精密義歯1

入れ歯を薄くすることができるので、入れ歯の違和感を減らすことができます。金属は熱伝導性に優れているので、食事をした時の温度感覚が自然に近くなります。汚れが付きにくいので清潔で、 割れにくく、変形しにくい義歯となります。

精密義歯オプション 2.チタン金属床

チタン金属床

ゴルフクラブやメガネのフレームなどに使用されるチタンですが、非常に軽くてさびないという特徴を持っております。水の中でイオン化して溶け出さないため、 金属の味がしないのと、入れ歯を軽く薄くすることができるので、入れ歯の違和感 を減らすことができます。金属は熱伝導性に優れているので、食事をした時の 温度感覚が自然に近くなります。汚れが付きにくいので清潔で、 割れにくく、 変形しにくい義歯となります。耐久性も圧倒的に向上し 上顎には特におすすめです。
薄さと軽さと熱の伝導性に優れ、汚れにくく割れにくい

精密義歯オプション 3.白金加金金属床

精密義歯2

金属味がほとんどありませんので義歯使用による味覚の変化が起こりません。 また、適度な熱伝導性がありますので食べ物の温かさや冷たさを感じることができます。 色が黄金色なので非常に高級感があります。耐久性・耐食性・耐変色性に優れており、適度な硬さのため支えとなる歯に優しい金属です。 適合が非常に良いです。金属イオンの溶出が比較的少ないので金属アレルギーの心配が少ないという特徴があります。
他の人との差別化を図り、時代を超えた資産価値のあるゴールドの義歯をはめる優越感と満足感を一生味わうことができます。

精密義歯オプション 4.トルティッシュ

精密義歯3

味や食感を大切にしたい方にお勧め! 網目状にミクロの孔が無数にある特殊な金属を使っています。 この孔によって食事のときの味も温度も瞬時にお口全体に広がり、特にビールの泡などは口全体で直接実感できる入れ歯です。

精密義歯オプション 5.エスティック加工

精密義歯4

義歯のピンク色の部分をより自然な歯茎の色にしたり、歯の部分をより自然な歯に見えるように施す特殊加工です。

精密義歯オプション 6.ジルコニアセラミック人工歯

ジルコニアセラミック人工歯

当院で作成する精密義歯に使う人工歯は、一般的な健康保険で作る入れ歯の人工歯と異なる耐摩耗性や耐着色性に優れた硬質レジン歯です。しかし長期間のスパンで考えると、 人工歯は少しづつすり減り、かみ合わせはだんだん低くなってきてしまうケースがほとんどです。ジルコニアセラミック人工歯は歯のエナメル質よりも銀歯よりも硬くてすり減りにくい 素材でできていて、義歯の人工歯をジルコニアセラミックにしてあげると、長期間にわたってすり減りにくく、見た目に優れ、着色しにくい長持ちする義歯となります。またちょっと贅沢 ではありますが、前歯の上下12前歯をジルコニアオールセラミックにして世界に一つしかない入れ歯にすることも可能です。

精密義歯治療のメリットとデメリット

■メリット
1、落ちない、ズレないので、安心して快適におしゃべりできる
2、痛くなく、良く噛めるので食べ物を美味しい食べられる
3、口元の自然な膨らみと、張りを回復させることによりシワが
伸びて若々しい口元になる
4、汚れにくく、歯も擦り減りにくく、壊れにくいため
入れ歯が長持ちする
5、その人にとってベストな噛み合わせで作製するので、
   噛み合わせが悪いことによる健康障害がなくなる

■デメリット
保険適用外なので、初期費用がかかる

普通印象法金属床義歯

普通印象法

入れ歯を薄くすることができるので、入れ歯の違和感を減らすことができます。金属は熱伝導性に優れているので、食事をした時の温度感覚が自然に近くなります。汚れが付きにくいので清潔で、 割れにくく、変形しにくい義歯となります。

普通印象法レジン床義歯

一般的なレジンの床に耐摩耗性に優れた硬質レジンの人工歯で作成する総義歯です。
当院では主に精密義歯のパイロットデンチャーとして使用したり、予算に限りがある方の総義歯として作製しております。
人工歯は健康保険の義歯より耐摩耗性に優れた硬質レジン歯を使用します。

普通印象法レジン床義歯

◆インプラントブリッジ

取り外しの入れ歯をしたくない方、義歯の床の部分の違和感がどうしても気になり、床がない形で欠損部を補いたい方。人前でしゃべったり、営業の お仕事だったり、発音や自分のお口の中の微妙な感覚を重視したい方には上顎は8本、下顎は6本インプラントを埋入し、床のない、取り外しのいら ないインプラントブリッジをお勧めいたします。

インプラントブリッジ

◆インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー例1

インプラントオーバーデンチャーとは歯茎の土手の部分に2本から4本のインプラントを埋入して、入れ歯の裏側とインプラントを連結し、入れ歯を動かないようにしっかり安定させる治療方法です。主にボールタイプオーバーデンチャーとバータイプオーバーデンチャーに分けることができます。

●ボールタイプオーバーデンチャーとは

ボールタイプオーバーデンチャー

オーバーデンチャーの中でアバットメントがボールタイプのものをボールアバットメントといいます。このボールアバットメントはインプラントの先のヘッドの部分が丸いボール形状になっており(こちら側がオス側)、入れ歯側に特殊な金具を付け(こちら側がメス側)、インプラントと入れ歯の部分をはめ込み連結させて固定します。 このボールアバットメントによるインプラント入れ歯は、ご自身でも簡単に取り外しができますが、普通の総入れ歯に比べて何倍もの維持力があり、非常に義歯が安定いたします。

●バータイプオーバーデンチャーとは

バータイプオーバーデンチャー

バータイプによるオーバーデンチャーは、埋入したインプラントをバーで連結し、入れ歯側にバーと結合する金具を付け、インプラントと入れ歯をがっちり固定します。バータイプのオーバーデンチャーもボールタイプ同様普通の総入れ歯の何倍もの維持力があり、「今まで食べれなかったものが食べれるようになった!」と患者様には好評をいただいております。 その他、磁石を使用して入れ歯を固定する方法もあります。 総入れ歯でお困りのほとんどの方が、顎の骨がやせてしまい、入れ歯を安定させることが困難なため、しっかり噛めないまま我慢して入れ歯を使用しております。 インプラントオーバーデンチャーであれば、入れ歯ががっちり固定されるため、何でも噛むことができ、おしゃべりをしていてはずれたり浮きあがったりすることなく、気にせず会話を楽しむことが可能です また、一般的なインプラント治療が難しいといわれる著しく骨がやせてしまった患者様にも適応できる場合が多いです。 失われた歯すべてをインプラントで治すと、たくさんのインプラントの本数が必要になり、治療費も高額になりますが、最少2本から治療できるので治療費がおさえることができるのもメリットの一つです。 すべて歯を抜かなくてはいけないといわれた方や、すでに総入れ歯が入っていてどうしても総入れ歯が動くのが気になる方、総入れ歯でも総入れ歯以上に噛めるようになりたい方で、当院が作る精密総義歯プラスアルファの費用負担をかけてもいい方にお勧めできる義歯です。

義歯(入れ歯)のご相談は…099-297-6480 9:00~13:00/14:00~18:00 日曜・祝日休診 メールでのお問い合わせはこちら